スポンサードリンク


2016年07月27日

テープの糊の剥がし方

テープの糊が剥がれなくて困っている人って多いんじゃないでしょうか。

つい先日、まだ1歳3ヶ月の子供がつまづかないようにカーペットをテープで止めていたのですが、テープを剥がしたら糊だけが残ってしまいましたので取ろうとおもって苦労しました。


まずはじめに100円ショップで売っているシール剥がしを使ってとってみました。

スプレー缶で簡単に作業できそうですが、やっぱり100円です。

テープ糊が中途半端に溶けて伸びて更にベトベト範囲が広がっただけで大した成果はあげられませんでした。


次に中性洗剤を使ってみましたが、100円ショップのスプレー缶よりかはベトベト感も少なく、根気よく続ければ取れそうな気配です。

ただ、ゴシゴシこすらなければならず、スプレー缶でも同じようにゴシゴシ続ければいつかは取れそうなので、こちらも同じように大した成果はあげられませんでした。


次にミカン汁を使いました。

これはおばあちゃんの知恵とでも言いましょうか、昔から言われているシールの糊の剥がし方です。

ミカン汁に含まれる成分が糊を溶かしてくれるようなのです。

実は以前にもシールでは試したことがありました。

間違いなくしっかりときれいになります。

残り香がミカンの柑橘系となるので更に爽やか〜な気持ちにさせてくれますしね。

ミカンの汁を使ってテープの糊に吹きかけてみました。

予想していたこととはいえ、100円ショップのスプレー缶や中性洗剤よりも間違いなく糊をきれいにしてくれました。

テープの糊もミカン汁でじゅうぶんきれいになるということがわかったということで収穫もありましたしね。

きれいになって柑橘系の香りで爽やかになりましたとさ。
続きを読む
posted by ランプ at 10:28| Comment(0) | 悪魔の節約的裏技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

ズボンの裾上げを自前で簡単にする方法

一般的にズボンの裾上げなどは洋服のリフォームやクリーニング店でやってもらうことが多いのではないでしょうか。

かく言うわたしもクリーニング店に出していました。

その都度900円かかるのですが、手間を考えればそれなりに安いと思っていました。

でも、手間もほとんど掛からずに簡単に裾上げができるのであれば、それは変わります。

作業ズボンはどうせ使い捨て感覚ですから、そんなものを洋服のリフォームやクリーニング店で裾上げしてもらうのもどうかと思うでしょ。

そこで簡単にできる方法を考えました。

長さを調節して糊のようなものでくっつけてしまえば簡単ではなかろうかとね。

さっそくホームセンターへ行き、布の接着剤を探しました。

やっぱりあるんですねぇ。

布を接着して、さらに洗濯もできて、しかも作業着などの裾上げ云々と謳っているアイテムが。

さっそくゲットして作業開始。

その前に準備するものがクリップ。

いくら接着剤でくっつくといえ、乾かす時間が必要です。

その時間、ずっと圧着しておくわけにもいかないのでクリップで固めようということです。

それと汚れないようにビニールシートでも敷きました。

ズボンを裏返してクリップで仮止めします。

本当は綺麗にヘラで延ばしてから折り曲げるのでしょうが、あらかじめクリップで固めておいたほうがラクかと思ったからです。

クリップとクリップの隙間に接着剤を流し込み軽く押さえます。

クリップを移動して同じ作業を三回ほど繰り返せばぐるりと接着出来ました。

最後に破れない程度にシワを伸ばして乾くのを待ちます。

気が短い人はドライヤーで無理やり乾かしましょう。

わたしはのんびりなので自然乾燥です。

思った以上に上手くいきましたとさ。
posted by ランプ at 22:01| Comment(0) | 悪魔の節約的裏技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村