スポンサードリンク


2016年12月23日

Bluetoothキーボードの良さを改めて実感した

何をいまさらと思われているかもしれません。


Bluetoothキーボードを持つなんて無駄なことを!


そんなふうに感じる人も居るでしょう。


でもね、今はスマホを持っていない人のほうが少ないくらいです。


長文や簡単なホームページの修正ぐらいならスマホだけあれば完結できるんですよ。


わざわざパソコンを引っ張り出さなくてもいいんです。


パソコンは電池の持ちは悪いし、立ち上げるまでの時間はかかるし、作業に取り掛かるまでに時間がかかりすぎます。


それに出かけ先ではそれがかなりの重量物としてカバンにのしかかりますから、手軽さという点に限っていってもスマホ+Bluetoothキーボードは最強かもしれません。


ただ、ちょっと規模が大きくなるホームページなどの構築にはパソコンは必要ですけどね。


わたしが手に入れたのはマイクロソフトのU6R-00022という型番のBluetoothキーボードです。


これ、ケーズデンキでなぜか2980円(税抜)で売られていまして、アマゾンのレビューでもけっこう評価も高かったので即決で買いいました。


キーボードの打ち易さは間違いないです。


けっこう大きいと言われている人もいるようですが、わたしの場合はカバンに放り込んでいますので全く問題ありません。


カバーがついていてキーボードを保護してくれるのと、カバーの脱着でONとOFFをしてくれるのでとっても楽です。


更にカバーはスマホを立てるのにも丁度よいみたいです。


わたしはMotorola X Playを使って、スタンド付きのスマホカバーを取り付けているので使ってはいませんが、有ると無いのとでは雲泥の差があるのではないでしょうか。


スタンド付きカバーのお陰で打ち込み易さはいい感じですしね。


気をつけなければならないのが日本語キーボードとUSキーボードの切り替えです。


これはスマホ側で切り替えてやらなければならず、わたしは1ヶ月ほど日本語キーボードなのにUSキーボードで打ち込んでいました。


キートップに表記されている文字配置がUSキーボード配置で使ってましたから。


今はスマホ側で切り替えてあるので日本語キーボードをそのまま使えるようになっています。





とにかくスマホで文字入力するよりは3倍以上早いと思います。


それだけでブログを書くだけならパソコンよりもスマホ+Bluetoothキーボードです。


動画編集もスマホですまそうと思えば済ませられます。


それほど万能選手になってきたスマホです。




それでも凝り始めるとパソコンでの作業が必要になりますけどね。
posted by ランプ at 11:27| Comment(0) | 悪魔のモバイル生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

auと格安スマホ&格安SIM

今年に入って更に過熱感のあるMVNO(仮想移動体通信事業者)です。

巷での流行りでそれなりに気になり始めたので、MVNOの料金などを調べてみました。

値段の差はあるようですが、Docomo、au、Softbankのキャリアからは想像もできないほどの破格の金額です。

まず半額以下で利用できるところばかりです。

ただ、通信量がキャリアの7GBよりも少なかったりしますが、コストパフォマンスを考えればかなりのコストダウンになりそうです。

auを使って約20年。

長く使っていても特別なサービスがあるわけでもない。

特典があったわけでもない。

auにしてみれば高い金額を黙って使ってくれる良い顧客だとしか思われていないのかもしれません。

だって毎月8000円前後を勝手に引き落とされて文句も言いませんからね。

年間にして96000円。

そこMVNOに変えた場合、毎月3000円前後だとしても年間で36000円。

60000円も差があることになります。

そのぶん美味しいものを食べたほうが身になりますからね。

今使っている機種ではauはDocomo,Softbankとは違う電波を使っています。

それにあうMVNO業者を選ばねばならないので、選択肢が狭まります。

でもSIMフリー機種であればDocomo回線が使えるので、その選択肢も広がります。

考えどころですねぇ。

機種変をしてキャリアも変えてしまえば無駄に高い金額を払わずにすみます。

最近ずっとそのへんの情報を調べていたのですが、悩んでますよ。

良さそうな機種もたくさんありますからね。

今月には機種を変えているかもしれません。

なんせ大幅な節約になりますから。
posted by ランプ at 23:53| Comment(0) | 悪魔のモバイル生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

ThinkPad E440も然り、最近のキーボードはスペースキーが小さすぎる

パシンと叩けるスペースキーがあまりにも小さすぎるキーボードです。

そのくせタッチパッドが大きいので、文字をうち、変換するためにスペースキーを押そうとするとタッチパッドに触れてしまいます。

それでもスペースキーまで指が届かないで無変換キーを押しそうになります。

テキストを打つことが多い私の場合、ほぼ致命的になりそうなほどのキーボードです。

S110はUSキーボードのおかげでスペースキーが長く、HP mini1000も本体の大きさ比で考えると大きいものです。

そのHP mini1000の7割の大きさのE440のスペースキーはあまりにも小さく、大胆なキーさばきができないほどです。

これも結局HP mini1000で打っていますからね。

E440は完全なネット機になりそうです。

動画変換ソフト入れて動画マシンとして使用するか。
posted by ランプ at 21:34| Comment(0) | 悪魔のモバイル生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村