スポンサードリンク


2014年06月14日

スマートフォンの使い方を考えると画面は大きいほうが使い勝手が良いというウワサ。

夏になると各電話会社から夏モデルとして携帯電話やスマートフォンが発表されます。

スマートフォンも出始めた頃から考えると、システムも煮詰まってある程度完成されたものになっていると思います。

そうなると機能面での差よりも性能面での差しかなくなってくるんです。

現状の性能だってどんぐりの背比べくらいの差しかありません。

あとはバッテリーの持ちや画面の大きさくらいしか競うところがないんですよ。

ここで使い方を考えてみてください。

電話をかけるということを、月に何回するでしょう。

ネットを閲覧することを、月に何回するでしょう。

SNSなどのコミュニケーションツールを使うことを、月に何回するでしょう。

一番多いのはSNSやネット閲覧だと思うんです。

さっと出して話をする人は稀で、SNSなどのコミュニケーションツールでやりとりしている人がほとんどではありませんか?

そうなると画面の大きいほうが便利だと思うんです。

持ち運びのことを気にしている人もいると思いますが、重さで言えば倍になるかもしれませんが、数百グラムです。

画面が小さいということはバッテリーの容量だって小さく制限されているということでも有ります。

わざわざ小さく持ち運びが良く取り回しがいいと行っても、バッテリーがもってくれなければただの文鎮に変わってしまうことを忘れないでください。

充電器を持って歩けばいいというのであれば、重さと取り回しの悪さを考えれば無駄なものになってしまいます。

ならばバッテリーの容量が大きい大画面のモノのほうが利用するならスマートです。

持ち運びには予備のバッテリーを持つならかばんを持っているはずだし、その中に入れておけば問題ありませんよね。

スマートフォンの画面は小さいよりも大きい画面。

そのほうがどんな場面に置いても便利なことが多いと思いますよ。


posted by ランプ at 03:28| Comment(0) | 悪魔のモバイル生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。